龍泉寺縁起観音様渡辺崋山ゆかりの寺熊谷観音縁日だるま市護摩焚き受付熊谷墓園

龍泉寺縁起

埼玉県熊谷市の熊谷観音龍泉寺は観音山のふもとにあり、正式には少間山観音院龍泉寺(さやまさんかんのんいんりゅうせんじ)といいます。宗派は真言宗豊山派に属し、本山は奈良県桜井市にある長谷寺(はせでら)です。開山開基は1590年であると渡辺崋山は著書の『訪瓺録』の(ほうへいろく)中に記しています。江戸時代には、末寺三ヶ寺を持つこの地方の中心寺でした。本尊は不動明王です。 昭和30年に山と建物が熊谷市の文化財に指定され、昭和58年には、埼玉県の『ふるさとの森』に指定されました。観音山は海抜82メートル、周囲は約800メートルの独立した丘陵で松・くぬぎ・桧等に覆われ、春にはカタクリ・桜・つつじが咲き、初夏にはあじさい・ニッコウキスゲ。盛夏にはサルスベリ。秋には紅葉。冬にはサザンカ等が山を彩り、春夏秋冬いつ訪れても豊かな自然を楽しむことができます。また、ひよどり・めじろ・しじゅうから等の野鳥も住んでおり、来山者に語りかけてきます。

龍泉寺は観音様が有名で熊谷観音として親しまれています。観音山の中腹にある観音堂には、今から約1200年前この近くの狭山池の水中より出現した千手観音様が祀られています。 この千手観音様の他にも、ぼけ封じ関東三十三観音に数えられるぼけ封じ観音様や、全長10メートルの聖観音様が祀られており、観音様の慈悲の力が集中するパワースポットとして年間を通して多くの方が参拝に訪れます。

毎年一月の成人の日(第二月曜日・祝日)には、熊谷観音縁日・だるま市が行われ、大護摩を厳修するため、観音さまのご利益を求めて家内安全・身体健康・厄除け祈願・交通安全などのさまざまな祈願に一万人以上の人が訪れ、賑わいを見せています。

また、龍泉寺は渡辺崋山ゆかりの寺としても広く知らせており、多くの貴重な文化財が残されています。その中の「松図格天井画」と雄雌二羽の雁が一幅ずつに描かれた「双雁図」は県の文化財に指定されています。

また崋山のあとを慕って山岡鉄舟・勝海舟・滝和亭・松林佳月等、文人墨客がたくさん訪れています。

 

当寺は多くの札所にもなっております。
◇十二支霊場 子年一番  ◇関東ぼけ封じ三十三観音 二十九番  ◇関東八十八か所霊場 八十三番
◇忍札所 二十九番  ◇幡羅郡新四国八十八か所 三十八番

当寺では墓地の分譲も行っています。
 一般のお墓・墓地をお探しの方は、熊谷市で一番選ばれている自然豊かな公園墓地。熊谷墓園へ。

また、TVやラジオで話題の新時代のお墓、永代供養墓・永代供養もあります。

こちらは後継ぎがいなくても安心のお墓です。

*平成23年9月、熊谷墓園・龍泉寺の永代供養墓が優良な永代供養墓・永代供養としてTVで紹介されました。

*詳しくは熊谷墓園のホームページをご覧ください。

 

 
十二支霊場   
強制のご寄付を頂かないお寺です。熊谷墓園
観音山 龍泉寺
〒360-0843 埼玉県熊谷市三ヶ尻3712 TEL: 048-532-3432

Copyright © 2010 ryusenji. All rights reserved.
少間山観音院 龍泉寺 トップページへ アクセス方法 お問い合わせ